こころのひなた

ひとは、変われる。今からでも。

今を大事に感じ考えたほうがいい理由

不安なとき、焦ってるとき

怖れがあるとき、死にたいとき


結局みんな、楽になること、解放されること、つまり、

自由を求めてる


何かを外から得て満たされる自由には、

限りがある

範囲にも限りがあるし、時にも終わりがある


真の自由(それは、手に入れるのではなく

気づくだけでよいのだけれど)

限りのない自由に、気づくこと、

その大事さに気づくまで、

人は限りなく求め続ける

不安は続く


第一歩は、

主観に気づき、視点を広げて

これやそれの、価値をみていくこと

良い悪いの判断を手放すこと

それぞれに、それぞれの良さはある

でも、そこに価値を重く起きすぎないこと


それから、

リアリティをみること

解釈、していることに気づくこと

感情や考えが、沸き起こっている、

そのことに気づくこと

ひとや、生命や、名前のついたもの一つ一つを、

それはどう成り立っているのか?

素粒子や空間を成り立たせているのは

一体なにか?

みていくこと


そして、

今ここでわたしがはたす行いが

どうつながっていくのか

考えみていくこと

どういった行いがどんな現象を生むのか


すると

今調和という心地よさにつながる選択をすることの大切さも

見えてくる気がする

そんな気がした


だから、

掃除しよう。

側にいるひと、もの、ことを

大切にしよう。

もちろん、いちばん身近な

わたし、身体、考えも。


そのために、気づいていくこと。

今、どんな感じか。反対の視点はあるか。

今、なにが起こっているか。

どんなことに、つながるか。



愛、奇跡を感じ、感謝しよう。